忍者ブログ
いままで何回くらい見たことあっただろうと思って数えてみたら
記憶にあるのは6個体か。少ないなー。
1回目は30年前で、見たことをおぼえてるだけで鳥の姿はおぼろげ。
写真があるのは3個体。

↓の時は近くにもう一羽いたけど、同じような羽衣だったような。



↓シベジュの幼羽だと思ってる個体。見つけた時はなんだかわからなかったが。



↓先月見た個体。わかりやすいタイプ。嘴の上の大きな腫瘍が痛々しい。





今回の個体はやっぱり違うのかなぁー???

でも嘴まっすぐじゃんねえ。。。
この個体も小さい腫瘍ができてるけど、それがあるから目の錯覚でまっすぐに
見えてるってことはないと思うんだよねー。
小さい雛のうちから嘴周辺の病気で、嘴が本来の形ではなくまっすぐな奇形に
なってしまうっていうこようなことはあるのかなぁ?

うーん、わからん。
あと10個体くらい見ればわかるようになるかな。死ぬまでに見られるかなぁ。






それにしても嘴の病気は流行ってるのか?
↓オジロビタキだけど、どうみても嘴が変。なにがあったらこうなるのだ??






管理人の他のブログ
カウンター
おすすめ

私の撮った写真載ってます(・∀・)
アメリカコガモ エクリプス 2枚
ヨシガモとなにやらの雑種








私の撮った写真載ってます(・∀・)
ホオジロハクセキレイ
アオバト
エゾビタキ
ムギマキ
マキノセンニュウ




私の撮った写真載ってます(・∀・)
コベニヒワ
ハシジロアビ
エトロフウミスズメ




私の撮った写真載ってます(・∀・)
ユリカモメ
ハマシギ
シロチドリ






Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © A S L O G All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]
PR